pills

「育毛剤」というと、皆さんはどのようなモノを思い浮かべるでしょうか。特に若い人は、お父さんや叔父さんや学校の先生が使っていたような液状タイプのものを思い浮かべるかも知れません。確かに、ここで紹介している育毛剤の有効成分であるミノキシジルも液状タイプの「ロゲイン」という薬になって発売されています。頭にパッとふりかけ、頭皮に揉み込むようにして浸透させる、これを毎日繰り返していると効果を実感できるというタイプの薬です。
1回につき小さめのティースプーン1杯に満たないくらいの量でOKなのでほとんどニオイもないし、塗っているとは誰にもわかりません。

一方で、ミノキシジルにはタブレット(錠剤)タイプの薬も存在しています。
その名も「ミノキシジルタブレット」という名称の薬として販売されている製品です。1日2回、1錠ずつ飲むだけでOKという飲みやすさで、しかも特に「食後に」などの指定もありません。飲みやすい薬なのです。

と、このように2種類の育毛剤が存在するわけですが、どっちを選んでもOK!というわけではないので、注意が必要です。
つまり、「ロゲイン」を使うべき時期、「ミノキシジルタブレット」を使うべき時期、がそれぞれにあります。
前者の時期とは、AGAが始まってすぐの頃。一方、AGAがちょっとばかり進んでいるという時期に治療を始める場合は後者の時期となります。
タブレットはロゲインに比べてミノキシジルの含有量が多いので、ちょっと進んだときに使う薬としてぴったりなのです。